いちごのまめちしき

おいしくいちごを召し上がっていただきたい!
ワンポイントをお教えいたします!

おいしいちごの選び方

いちご狩りに来てみたけれど、「どれがおいしいのかわからない」「どれを採ったらいいの?」ということも、おいしいいちごの選び方を知っていれば、よりおいしいいちごに巡り合えるかも?
知ってると得する選び方や採り方のポイントをお教えします。
園内には手入れをしているスタッフがおりますので、お気軽に声をかけてください。

ヘタに注目
ヘタが反り返っているいちごは、多少先が白くても甘くて美味しいいちごだと思います。形が悪くてもとても甘いはずです。
中でもいちごがキラキラと輝いているのが、はずれがありません。
逆にいくら赤くても、黒ずんでいたり(収穫遅れ)、キラキラと輝きがなく、つやの無いいちごは美味しくないです。(実がなっている茎が折れて養分がいかないため)

お天気に注目
お天気が非常によく、気温が高い日は、いちご自体お日様で熱くなっていますので葉っぱの陰に隠れているいちごを探してください。
曇天の日は、できるだけお日様に当たっているいちごをお選びください。


いちごの向き
ヘタを持って食べていませんか?
いちごの甘い部分はヘタの付近ではなく先のとがったほう。ヘタの側から先に食べるほうが後で甘さを実感できます。



採り方のコツ
片方の手で茎を持ち、もう片方の手でいちごを包みこむようにしてヘタの上をひねるようにすれば簡単に摘むことができます。
お願いですが、いちごだけを持って引っ張ることだけは絶対にしないようにお願い致します。
茎が折れて、なっているいちご全部がダメになってしまいます。特に「けんたろう」は茎がかたいのでご注意ください。

いちごレシピ

いちごの食べごろは短いので、長期保存に向きません。
基本的にはその日のうちに召し上がって頂きたいのですが、どうしても余ってしまった場合は、容器に入れ、空気に触れないようにきちっとラップをかけ(真空など密封しても良い)、冷蔵庫にいれて翌日にはお召し上がりください。
家庭で出来るレシピもご紹介します。加工することで生よりは保存が利くようになります。

いちごジャムの作り方(電子レンジでいちごジャムを作ろう)
  1. いちご500g、砂糖(いちごの半分の量)※けっこう甘くなります。
  2. いちごのヘタを取り、耐熱容器にいちごとお砂糖を入れラップをかけます。
  3. 電子レンジで10分加熱します。
  4. あくが出ますので取りながら、10分加熱を2回ほど繰り返します。
  5. 果肉も残り、とてもきれいな色をしたいちごソースができます。
  6. 最後にレモン汁を少々入れ、ビンに入れ冷蔵庫に入れ冷まします。

パン、ヨーグルト、アイスクリームにもお使いになれます。
ジャムの固さは、お砂糖の量と加熱の回数で変わってきますのでお好みで加減してみてください。

 

冷凍いちごの作り方
  1. ジップロックにヘタを取ったいちごと、まぶす程度の砂糖を入れて冷凍
  2. ヨーグルトに入れたり、ミキサーにかけスムージーにしたり、そのままアイス感覚でもおいしいです。